がんは日本人の死因第1位

日本人の死因第1位はがんです。がんには様々な種類があり、それぞれになりやすい特徴もあります。昔は治らない病気として有名でしたが、現在は早期発見や医学の進歩により助かるケースも多くあります。このページでは日本人がかかりやすいがんの種類などをご紹介していきますね。

女性特有の乳がんと免疫療法

ハートを持つ人

女性特有の病気

女性特有の乳がんという病気の原因や予防法をまとめている記事です。他にも女性がかかりやすい病気についてランキング形式でご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいね。

READ MORE
病院

最新医療の免疫療法

がん治療に効果が期待される免疫療法について分かりやすく解説しています。現在もどんどん研究が進められていて、がん治療への高い効果が期待されている最新医療です。今後がん以外の病気にも適応出来る可能性が高いです。その免疫療法についてまとめています。

READ MORE

日本人がなりやすいがん

日本人はがん患者数が年々増えています。がんの種類を患者が多い順にランキング形式で発表しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。また女性特有のがんや患者数が増えている咽頭がんについてもご紹介しております。

日本人がなりやすいがんランキング

no.1

大腸がん

昔はあまりいなかったようですが、近年大腸がん患者は増え続けていて全国でおよそ135,800人の患者さんがいます。がんの種類で一番多い患者数です。その背景には我々日本人が食べている食事が欧米化している点があげられます。動物性脂肪を摂り過ぎないように注意しましょう。

no.2

肺がん

肺がんは昔から患者数が多いがんです。全国に133,500人にいます。肺がんの主な原因は喫煙です。なるべく喫煙は控えるか回数を考えるようにしましょう。また現在は禁煙される方も多いですので、今後肺がんの発症率は減少していく見通しです。

no.3

胃がん

胃がんはずっと昔から日本人に多い病気です。全国に133,000人います。胃がんの原因は塩分の過剰摂取とピロリ菌です。日本食は塩分が多いですし、ピロリ菌に感染すると胃の粘膜の機能が弱くなり炎症を起こします。その際にタバコの煙などの影響を受けやすく発がんするリスクが高まります。

[PR]

免疫療法って一体なに?
ガン治療に関する情報を知っておこう 高品質なプライマリーセルを販売中♪
実験を成功させよう☆

患者数が増加しているがん

医師

女性特有の乳がん

女性特有の乳がん。乳がんとはがん細胞が胸に出来てしまった状態で、乳がん患者のほとんどの方は乳菅がんというものを発症しています。胸の中は主に脂肪と乳腺でできています。脂肪にはがんはできないので乳腺に起こります。乳腺の中に乳管というものや小葉という枝分かれしたものがあり、乳がん患者の9割が乳管にがんを発症しています。最近では乳がんの認識が広まっているので、乳がん検診を行う女性が増え、早期発見に繋がり完治される方も多いです。なので、きちんと乳がん検診は行いましょう。現在では免疫療法などの最新医療を受ける方もいます。

咽頭がん

咽頭がんは声を出す声帯がある場所にいるので、咽頭がんを発症すると声がかすれるなどの症状が起きます。発症の原因は喫煙や過剰な飲酒にあり、男性の発症率が非常に高いです。咽頭がんは声がかすれたり、飲み込み辛い、喉の違和感など症状が分かりやすいので、違和感を感じたらすぐに病院に行きましょう。また、咽頭がんは声門部分にがんが出来やすいので切除を選択すると声が出せないというリスクがあります。放射線治療で咽頭を残すがん治療を選択されている方もいますので、治療方法はお医者さんととことん相談して決めましょう。

広告募集中