女性特有の病気|がん治療は免疫療法で効果が治る時代が来る【諦めずに治療しよう】|がんnetwork

女性が普段から気を付けること

女性は月に一度の月経などでホルモンが乱れやすく、妊娠や出産などで体調が変化する方もたくさんいます。女性一人一人が自分の体調を管理していくことや、定期的に健康診断を行うことなどが大切です。これからご紹介するランキングは女性特有のかかりやすい病気なので、予防法なども合わせてご紹介しますね。

女性特有のかかりやすい病気

no.1

月経不順

若い女性を中心に多いのが月経不順です。月経不順は生理が遅れるなどの月経周期が乱れてる状態を指します。月経不順の原因は急激なダイエットやストレス、不規則な生活によりホルモンバランスが乱れてしまうことにあります。なので、普段から規則正しい生活を送り、ストレスを発散させて無理なダイエットは避けましょう。

no.2

更年期障害

更年期障害とは45歳から55歳の間の「更年期」と呼ばれる期間に引き起こす自立神経の不調により体調が悪くなったりすることを言います。閉経などで女性ホルモンが著しく減ってしまうことが原因として考えられていますが、最近では40歳になる前に起こることもあります。

no.3

乳がん

乳がんは胸の中にある乳管と呼ばれているところにがん細胞が出てしまうことにより発症する病気です。乳がんを引き起こす原因として女性ホルモンのエストロゲンというものが大きく影響しています。エストロゲンは生理中に多く分泌されると言われています。予防法としては免疫力を上げることが大切です。

no.4

子宮内膜症・子宮筋腫

30代から発症率が高くなる子宮内の病気には子宮内膜症や子宮筋腫といったものがあります。症状としては激しい月経痛や月経量が多くなるなどがあります。ストレスが影響する場合もありますし、妊娠する期間が減りエストロゲンを分泌する回数が増えるので、子宮頚の病気を誘発しやすくなっています。

no.5

卵巣がん

卵巣がんは良性のものがほとんどですが、悪性になると他の臓器にがんが転移してしまいます。女性ホルモンは卵巣から分泌されるので、女性の体調や精神状態にも関係が深いところです。卵巣がんも乳がん同様エストロゲンというものが関係しているので、出産回数が減少していたり出産経験がない方に増えています。

女性特有の病気

ハートを持つ人

乳がんの原因

乳がんの原因は上記でもお伝えしたようにエストロゲンと言われているものが深く関係しています。エストロゲンは普段自律神経を整えたり、美人ホルモンと言われるほど女性の美に対しても大切な成分です。しかし、エストロゲンを受ける期間が長期になると、乳がんや卵巣がんの原因にもなります。例えば妊娠や出産を迎えるとこのエストロゲンは減少するので、そういった病気のリスクは減ります。現代の日本女性は昔に比べて妊娠の期間が減り、一度も妊娠しない方もいらっしゃいます。乳がんや卵巣がんが増えている原因はこういったところが大きく関係しています。

乳がんの予防方法

乳がんを予防する方法をいくつかご紹介します。まずがんの原因になるようなことは避けるべきなので、喫煙や過剰なアルコール摂取を控えます。そして適度な運動をして体調を整え、肥満の方はダイエットをしましょう。普段から運動をしている女性は乳がんによって死亡する確率が低いと言われています。なので、無理の範囲でダイエットを行うことや運動を習慣づけると良いです。また、ストレスもため込まず適度に解消する方法を見つけましょう。ストレスは心や身体の調子に影響します。また良く笑ったり笑顔の多い方は免疫力が高いこともよく言われているので、免疫力を上げるためにもよく笑うことが大切です。

広告募集中