最新医療の免疫療法|がん治療は免疫療法で効果が治る時代が来る【諦めずに治療しよう】|がんnetwork

最新医療の免疫療法

病院

免疫とは?

そもそも免疫療法の免疫についてはっきりと分からないという方もいると思うので、まずは免疫についてお話しますね。
本来私たち人間の身体の中には「免疫」という機能が備わっています。この免疫は免疫細胞が機能を担っていて、例えば人体に侵入してきたウィルスや異物などに対してすぐに攻撃を始めて撃退し、身体を守ってくれる役割を果たしています。風邪を引いたときなどは咳をしたり熱を出しますが、これは免疫細胞が風邪のウィルスや細菌と闘っている証拠です。免疫細胞には2種類あって、元々生まれながらに備わっている自然免疫細胞と、後天的に作られる獲得免疫細胞があります。自然免疫は血液と一緒に体内を巡ってウィルスや細菌、がん細胞を見つけると攻撃をして撃退します。獲得免疫細胞は、一度かかった病気に再度かからないために、戦ったウィルスなどの情報を元に撃退する武器のようなものを生成して次に備えます。おたふくかぜなどは幼いころに一度かかるともうかかることはありませんよね?これは獲得免疫がおたふくかぜに効く武器を作って撃退しているおかげです。このように免疫は人の身体にとても重要な役割を果たしています。

免疫療法の仕組み

免疫については詳しくなったと思いますが、ではがんなどの病気の際には免疫はどうなっているのでしょうか。がん細胞は普段私たちの体内でたくさん生成されています。しかし免疫細胞がそのがん細胞をやっつけているのでがんを発症することが普段はありません。しかし、何らかの原因で免疫細胞の働きが衰えたり、免疫細胞よりも強いがん細胞が出来てしまうことでがんを発症します。免疫療法は、この免疫細胞を強化させることを目的にした療法です。免疫細胞がうまく機能していなかったり免疫細胞の働きが衰えている状態に、免疫細胞が本来持つ力を復活させたり、より免疫細胞の働きを強くさせる成分を注入して、復活した免疫細胞をがん細胞と闘わせ撃退するようにして治療を行います。注入方法には注射や内服など様々です。

免疫療法のメリット

副作用が少ない

免疫療法は元々体内にある免疫細胞を活性化させるので、副作用がかなり少ないです。副作用が少ないので、体調が無い方や高齢者の方にも受けることが可能な治療法です。副作用は痛みを伴うことや、髪が抜けるなどがありますが、免疫療法にはそれがありません。

入院しなくても治療が行える

治療自体は時間もかかりませんし、上記でお伝えしたように身体への負担が少ないです。普通に日常生活を送れるので、治療は通院でも出来ます。入院することで気持ちが沈む方もいますし、周囲に隠したい方もいます。そのような方には普段と変わらない生活を送りながら治療を行えるので、精神的にもだいぶ楽になるでしょう。

傷跡が少ない

免疫療法は注射や内服といった方法で行うので、お腹を切ることはありません。なので傷口も目立たないので女性の方はとくに安心出来るでしょう。また、手術の場合の感染症などのリスクも減らすことが出来ます。

他の治療と併用出来る

免疫療法は身体への負担が少ない分、他の治療と併用することが可能です。例えば、化学療法を行って体力が落ちている時には免疫療法で免疫力を上げることが出来るので、他の治療の補助的な役割を担うことも可能です。

広告募集中